Nov19th

超絶javaマスターへの道 の変更点

Top / 超絶javaマスターへの道


とりあえず私の履歴書

*4~5月 [#hfda9e2e]
-年明けからTitanium Studio というiphoneアプリをjavascriptで実装できるフレームワークを使ってアプリを作っていたけども、基礎からちゃんと言語仕様を学びたいと思いjavaを始める事に。
-こわーく入部
-java入門系の書籍を読む
[[Java言語プログラミングレッスン 第3版(上) :http://www.amazon.co.jp/gp/product/4797371250/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&linkCode=as2]]
[[Java言語プログラミングレッスン 第3版(下):http://www.amazon.co.jp/gp/product/4797371269/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&linkCode=as2]]
-内定先でアルバイトを始める
ここで研修ということでHitAndBlowという数当てゲームを作らされる。上記の参考書の上巻だけ読み終えれば作れるようになる簡単なゲーム。

*6〜7月 [#va2d0207]
-研修で次のゲームを作る事に
今度はjavaで倉庫番のゲームを作ることに。参考書下巻までやればできる。

とりあえずこれ終わらせばjavaの基本はマスターできてるってことで一旦javaの勉強から離れれてhtml,cssの勉強を始める。


*8~9月 [#n9c7fa22]
-バイトでシステム(javaで書かれてる人材管理システム)の改修をやることに。
-そこで初めてjavaフレームワークのspringというものに触れる。
※フレームワークとは簡潔にいうとシステムを作る上での決まり文句・重複するコード・重複する処理等を勝手に補足したりやってくれたりする便利なやつ
-この改修作業が単調すぎてやべえ来年からつまらない仕事やるのは嫌だなーと思い始める
(他人の書いたコード読む➡バグ見つける➡頑張ってなおす➡コード読む。。)


*10~11月 [#ra5bb48a]
-悩んだ挙げ句まあつまんなかったら会社辞めればいいかーというどうしようもない結論に
-転職するにしても知識なきゃ雇ってくれないよなということで情報系の勉強を始める
-とりあえず基本情報処理試験の勉強を始める
-10月半ばに試験があり無事に合格
※基本情報処理試験は午前と午後に別れていて、それぞれの内容は午前は知識・午後は実務(実際にコードを読み解く)となっています。
-基本情報の一つ上のレベルの応用情報処理試験の勉強を始める

もうちょい待って