Nov19th

はじめようRuby on Rails の変更点

Top / はじめようRuby on Rails


Ruby on Railsはプログラミング言語Rubyを用いて簡単にWebアプリケーションを作れるフレームワークです。

*[0]まずRubyの環境設定をしましょう。 [#s36f0ea8]

http://www.rubylife.jp/install/install/index1.html
※macには最初からrubyが入っています

*[1]Rubyを勉強しましょう。 [#red6fd6a]

a)本で勉強する
Rubyの導入にはこちらの書籍がオススメです。
http://www.amazon.co.jp/たのしいRuby-第4版-高橋-征義/dp/4797372273/

b)一橋の授業で勉強する
一橋にはなんとRubyを学べる授業があります。
元クックパッドのエンジニアの方、ベンチャーのエンジニアの方がわかりやすく教えてくれます。
ツテで様々なイベントに参加することもできるので、来年の春からの履修を迷っている方は是非!(確か木曜1限

今すぐ勉強したいのに毎週1時間半じゃ遅いよ!という方、そもそも他大だから授業とれないよ!という方のために。
実はこの授業で使われているスライドは一般公開されていて、一般のRailsエンジニアの方がこれはわかりやすいぞということでまとめてくれています。
http://morizyun.github.io/blog/ruby-generalization-hitotsubashi-univ-1/

※Rubyにはいくつかのバージョンがあります。
snsは1.9.3で作っています。

*[2]Railsを勉強する [#zdbc6680]

a)Railsチュートリアルを読む
http://railstutorial.jp/?version=4.0
これを読みましょう。結構なボリュームがあるのですが、これをやりきるとRailsエンジニアですと胸を張って言えるくらい充実したチュートリアルだと思います。

ここまでやると、問題なくSNSのコードが読めるようになっていると思います


*[3]じっくり勉強したい人向け [#o00e4b5e]
以下にはじっくり学びたい人向けにオススメの本をのせときます。

[[作りながら学ぶhtml/cssデザインの教科書:http://www.amazon.co.jp/作りながら学ぶ-HTML-CSSデザインの教科書-高橋-朋代/]]
HPを作る上での基礎となるhtml,cssを実際にカフェのHPを作りながら学びます。

[[プロになるためのWeb技術入門:http://www.amazon.co.jp/「プロになるためのWeb技術入門」-――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか-小森-裕介/]]
Railsは登場しませんが、webサービスを構築する上での基礎(Webサーバ、CGI、MVCモデル)を学べます。
ソースコードにはphpやjavaが使われていますが、使ったことがなくても理解できると思います。

[[初めてのruby:http://www.amazon.co.jp/初めてのRuby-Yugui/]]
オライリーの本です。Rubyを設計思想からじっくり解説しています。オライリー本にしては珍しく、日本人の方が著者です(オライリー本は海外のを訳してるのが多い)

[[パーフェクトRuby:http://www.amazon.co.jp/パーフェクトRuby-PERFECT-SERIES-6-Rubyサポーターズ/]]
これを読んだら多分Rubyエンジニアとして現場にでれます(自分はまだ読んでない

[[メタプログラミングRuby:http://www.amazon.co.jp/メタプログラミングRuby-Paolo-Perrotta/]]
読むとRuby界で神になれるそうです(まだ読んでない



以上です。随時追加してくかもしれませんが、何か不明な点があればlineやらで聞いてください。